インド二回目は、デリー滞在でした。

インド二回目は、デリーにのみ滞在していて、一回目に訪れた所が結構田舎だったんだなぁと思い知りました。
一泊3500円ほどの高級ホテルに泊まり、せっかくだからと世界遺産めぐりに目覚めました。
c0222897_11343265.jpg

タージマハルも行きましたけど、脚光を浴びて、人が沢山いて、観光客相手の物売りさんやガイドさんからの営業がすごい場所より、あまり有名ではないけど、のんびりしていて、動物が沢山いて、ゆったりしている場所の方が結果好きになれた。
c0222897_1137215.jpg

デリー市内にも、様々なミュージアムやバザール等があり、時間があれば見に行ってた。

その頃は、ホテルまで車で迎えに来てくれるインドの方がいて、木版作るならここだよ、縫うのはここだよとほぼ道をぶらぶら歩くこと無く段取り良く仕事が進んでいるように見えました。

c0222897_11404318.jpg


ビジネスとしてとらえようと、結構必死だった時だった。
パターンを沢山作って意気込んで、インドに乗り込んでいたけど、
今思うと、視界はまだまだクリアではなかった。それでも出来てきたサンプルを見ては、嬉しすぎて涙が出そうになったのを覚えています。


c0222897_1145882.jpg


この時期は7月の初めのころで、気温が45度にもなる日があったほどで、とにかく暑かった。
だからあまり外をぶらぶら歩けなかったんだった。

日本の不快度指数の高い暑さではないけど、水分補給を怠ると危険な気がしてとにかく水を飲んでいたら、
気付かぬうちに、着てるもの全部が汗でビッチョリ。

この時初めて、柄をオリジナルで作れるということになった。
テキスタイルのデザインの勉強なんてしてこなかったし、綺麗なラインを作る事とか、シルエットの事ばかり考えていたから、最初は結構悩んで絵を描いていたなぁ。

この暑い中、工房は頻繁に停電する。染料がすぐ乾くように回しているファンもすぐ止まる。

でも機械などを使うわけではないこの技法に必要なのは、人の手と時間のみ。
停電したって、リズミカルにスタンプは繰り返されて、色は重ねられて、柄が出来て行きました。

そんな工程を見ているうちに、どんどんこの技法が好きになって、可能性にワクワクした。

c0222897_11542451.jpg


こうして、インドに行くたびに、カメラ小僧のように、写真を沢山撮るようになり、この過程を見せてくれ見せてくれと言うようになりました^^

次は、三回目を少しと四回目のkapuwaのスタート時のお話を…^^
by kapuwa | 2013-06-17 11:59 | *インド*


kapuwa blog


by kapuwa

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


KAPUWA ATELIER SHOPat

東京都品川区旗の台4-7-2-2F
ONLY WEEKEND SHOP
(SATURDAY & SUNDAY)
110:00-20:00
------------------------------------



*HPに戻る
kapuwa HP
------------------------------
*コメントやお問い合わせ
コチラ
------------------------------




カテゴリ

*designer*
*News*
*商品紹介*
*掲載情報*
*インド*
*staff*

web shop

以前の記事

2016年 09月
2016年 06月
2016年 04月
more...

最新の記事

ブログお引っ越ししました
at 2016-09-27 19:44
petalシリーズ入荷しました
at 2016-09-02 20:56
ありがとうと、これからの事
at 2016-06-04 04:51
7カ所同時開催?! POP ..
at 2016-04-15 21:10
VIOLA柄アップしました
at 2016-03-13 17:35

検索

ファン

画像一覧